今働いている職場でがっつりサービス残業をしている、または休日出勤してるけど無給で働いている、と言う方も多いことでしょう。

しかし、それは常態化しやすいものですが、はっきり言って異常です。きちんと訴えるべきです。

残業代請求ができない一番の理由

当たり前のようにサービス残業や休日出勤しているにも関わらず、残業代や給与を請求しない理由として「会社とモメたくない」「モメてクビになったら行くあてがない」が殆どだと思います。

せっかく就職できたにも関わらず、請求したことで減給やクビになっては元も子もないですもんね。

しかしそれは違法です

就業規則にいくら書いていても、残業代請求することで減給したり解雇にするのはもちろん違法です。

そもそも、労働者の立派な権利を主張しただけで、経営者が解雇にすることなんてできません。

とは言え、世の会社では日常的にそれが起こっている状況です。

モメないように請求するには?

一番の方法は代理人に立ってもらうことです。いわゆる弁護士です。

間に立ってもらい、交渉から請求、その他の資料作成等々を全てまかせる訳です。

そうすることで、会社側は変に強く出ることが出来ず、穏便に済ませようとします。

と言うのは、「その方法で請求できる」と他の従業員に知れ渡ってしまうと、皆が皆請求を始めてしまい、経営が立ち行かなくなるからです。

したがって、代理人が出て法的な請求をされると会社側は困ると言う訳です。

まとめ

弁護士費用も残業代を請求し、返還された金額の◯%と言う形で費用を取っているので、初期費用はかからず持ち出しもありません。

気軽に相談できる成功報酬型の弁護士を探すことがポイントです。