Ethereum(イーサリアム)の特徴には、分散型アプリケーション(DApps)とスマートコントラクトの2点があげられます。ハッキングなどの不正利用のリスクが少なく、コストの削減が可能なプラットフォームです。

そのプラットフォーム(イーサリアム)上で使われる通貨もイーサリアムの名前で呼ばれています。ここでは、イーサリアムの持つ3つのメリットについて解説していきます。

イーサリアムの持つ3つのメリット

1.提携企業500以上の「イーサリアム企業連合(EEA)」

イーサリアムのプラットフォームや通貨は、500以上の企業から提携という形で注目を集めています。「イーサリアム企業連合(EEA)」のリストに含まれる企業には、マイクロソフトやトヨタ、JPモルガンやインテル、KDDIやNTTなどです。

2.将来的には決済手段のひとつになる可能性がある

仮想通貨のイーサリアムは、送金のスピードや送金に関する手数料という点で、代表的な仮想通貨ビットコインを超えているのもメリットです。

ビットコインは日本のビックカメラなどで決済方法のひとつに採用されています。そのことから、将来的にはイーサリアムのビットコインと同様の決済手段のひとつになる可能性があると言えるでしょう。

3.比較的購入がしやすい

仮想通貨イーサリアムは、比較的購入がしやすいのもメリットのひとつとしてあげられます。例えばGMOコインの場合、1回につき「0.01ETH」が最小購入単位です。1ETHを23,347.44円とした場合、233.4744円から購入できます。
2019年8月4日16時27分53秒時点のレートです

参考資料GMOコイン「イーサリアムの注文単位を教えてください」